肖像画・自画像・似顔絵のための絵画教室

  • 2018.04.15 Sunday
  • 20:14
絵画教室 顔のアトリエ
トップ記事用セリフ画像
・・・などなど

まずは、あなたの「描きたい!」を一度聞かせていただけませんか?

 

正確なデッサンで本格的に描く 【肖像画】
じっくり自分に向き合う 【自画像】
特徴をとらえて個性的に描く 【似顔絵】
『絵画教室 顔のアトリエ』では、絵画の基礎を学びながら個人の目標や好みを一緒に見つけ出し、それに応じた作品づくりをご提案します。

 

トップ記事画像
 
ポイント1
 

リアルな絵からコミカルな絵まで、教室には様々な画風をめざす方がいらっしゃいますが、どんな画風を選ぶにしても、描くための基本は同じです。

構図・形のとり方から、色づかいのテクニック、鉛筆にはじまり、色鉛筆や水彩、パステルなどの手軽な画材の使い方まで独自の教材を使ってわかりやすくご案内します。

 
ポイント2
 
絵画の醍醐味は、ある程度描いてこそ実感できるもの。
絵をあなたの人生の伴侶として、楽しく無理なく描き続けてもらいたい。
だからこそ、料金の安さなど無理なく続けやすい環境づくりにこだわります。

会場費・用紙代・資料代もすべて1,000円の参加費に含まれています。

 

ポイント3

 

新大阪、弁天町、難波などの会場、朝、昼、夕方、夜の時間帯から、あなたのライフスタイルに合わせて教室をお選びいただけます。

19:30からの夜クラスもあるので、お仕事帰りのリフレッシュにも最適。
基本は毎月2回ですが、ご都合のつく日だけの参加も可能ですので、お気軽にご相談ください。
 
ポイント4
 
上手く描くためのテクニックを学ぶことも大切ですが、絵を描くならもっと大切にしたいのが感性を磨くこと。色彩学、話題の美術展や名画の解説、美術史、造形心理など、絵画制作に役立つ教養やポイントを、楽しい教材プリントとともに、毎回違ったテーマでご案内します。
 
ポイント5
 
定期的な展示会や美術鑑賞会などのイベントを機会に、アートを通じて、同じ夢を持つ仲間との交流もぜひお楽しみください。
(強制参加ではありません)

展示会出品や美術鑑賞会などで充実したアートライフを

 


 

▼満席のクラスもあります。お早めにお申込みください▼

初参加お申込みフォーム
 
会場と日程 30×400

お問い合わせメール 30×400

 

 

▼教室・クラス一覧▼ ※具体的な日程などは「会場・日程」のページをご覧ください。

会場 曜日 時間 状況

弁天町教室

金曜・朝クラス

港区民センター 毎月2回・金曜日 10:00〜11:30 残り

新大阪教室

金曜・夕方クラス

大阪市立青少年センター

(ココプラザ)

毎月2回・金曜日 16:30〜18:00 残り

新大阪教室

金曜・夜クラス

大阪市立青少年センター

(ココプラザ)

毎月2回・金曜日 19:30〜21:00 満席

新大阪教室

土曜・昼クラス

大阪市立青少年センター

(ココプラザ)

毎月2回・土曜日 13:30〜15:00 満席

新大阪教室

土曜・夕方クラス

大阪市立青少年センター

(ココプラザ)

毎月2回・土曜日 16:30〜18:00 満席

新大阪教室

土曜・夜クラス

※4月から新規開講

大阪市立青少年センター

(ココプラザ)

毎月2回・土曜日 19:30〜21:00 募集中

難波教室

木曜・朝クラス

難波市民学習センター 毎月2回・木曜日 10:00〜11:30

満席

 

 


 

 

【アトリエ通信】額縁の使命 他

  • 2018.04.11 Wednesday
  • 21:19

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
INDEX
1.絵画教室『顔のアトリエ』日程のご案内
2.プチレクチャー“プラスα”
3.アート関連ブックガイド

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━


 絵画教室『顔のアトリエ』日程のご案内  
 

今週の教室日は…
 

【木曜クラス】4月12日(木)
※難波教室(10:00〜)
(今後の日程…4月26日、5月10日、5月24日…)

 

【金曜クラス】4月13日(金)
※弁天町教室(10:00〜)
※新大阪教室 夕方の部(16:30〜)・夜の部(19:30〜)
ともに707号室(7階)です。
(今後の日程…4月27日、5月11日、5月25日…)

 

【土曜クラス】4月14日(土)
※新大阪教室 昼の部(13:30〜)・夕方の部(16:30〜)
ともに706号室(7階)です。
(今後の日程…4月28日、5月12日、5月26日…)

 

 プチレクチャー “プラスα”
 

金色の額

 

前回の教室では、額縁の基礎知識と、
絵画と共にどう変遷してきたのか
その歴史を少しご案内させていただきました。

 

舞台芸術においては、客席からみて
額縁のように囲まれ区切られている舞台を
「額縁舞台」と言い、この額縁にあたる部分を
「プロセニアムアーチ」と言います。

 

私事ですが大学では
舞台美術を専攻していたため
プロセニアムアーチのデザインには
幾度も取り組んだものです。

 

でしゃばりすぎず、的確に、
演目や役者をサポートしてひきたてる。

 

なるほど舞台美術というのは
絵画における額縁の役割によく似ていると
今さらながら思います。

 

日常と非日常を区切り、つなげる。
 

結界のような、案内役のような
役目を担っているとも言えます。

 

ちなみにこの教室は
唯一無二の主役である皆さんの
舞台を彩る舞台美術、
絵画を支える額縁のような存在でありたいと
常々願っています。

 

身近な舞台美術家もとい「黒子」として
本年度もよろしくお願いいたします!

 

 

画廊絵
 



 アート関連ブックガイド 

 

ターナー―色と光の錬金術 (「知の再発見」双書)
オリヴィエ メスレー
創元社
売り上げランキング: 473,733

ターナー展「風景の詩」が京都文化博物館で
4月15日まで開催中です。

 

ウィリアム・ターナー(1775−1851)は、
イギリスを代表する画家であり、
その独創的な風景画は日本でも人気があります。

 

若くして名声を得ることに成功した彼ですが、

展示会場で最後の仕上げをしてみせ周囲を魅了した、
マストに自らを何時間も縛りつけ嵐を観察した、など
嘘か真か奇抜な伝説を持つターナー。

 

それだけ個性的なキャラだったのでしょう。

ターナーの「燃えるように透明な」絵からは
彼の内面の激しさが伝わってきます。

 

豊富なカラー図版やエピソードとともに
ターナーの生涯をたどることができる一冊です。

 

 

 

■ 後記  
 

大阪の桜はほぼ散ってしまいましたが
今年のお花見はいかがでしたか?

 

今週の教室では
「桜と人物画」をテーマに
日本絵画(人物)を彩ってきた桜の軌跡を
見ていきたいと思います。

 

ご紹介は浮世絵が大半となりますが
平安絵巻から近現代の日本画まで
桜は日本人の美意識の象徴として登場します。

 

桜の名残を惜しみつつ
絵画鑑賞での少し遅いお花見に
ご一緒いただけませんか☆

 

では、教室でお会いできるのを
楽しみにしています!

 


顔のアトリエ



*****************************************
▼アトリエについて(場所・日程など)▼
http://blog.romgra.com/?pid=1

▼参加・体験お申込み/お問合せメール▼
info@romgra.com
*****************************************

 

初参加お申込みフォーム

【アトリエ通信】時代と美人画 他

  • 2018.03.22 Thursday
  • 14:54

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
INDEX
1.絵画教室『顔のアトリエ』日程のご案内
2.プチレクチャー“プラスα”
3.アート関連ブックガイド

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━


 絵画教室『顔のアトリエ』日程のご案内  
 

今週の教室日は…
 

【金曜クラス】3月23日(金)
※新大阪教室 夕方の部(16:30〜)・夜の部(19:30〜)
 ともに706号室(7階)です。
(今後の日程…4月13日、4月27日、5月11日…)

 

【土曜クラス】3月24日(土)
※新大阪教室 昼の部(13:30〜)・夕方の部(16:30〜)
 ともに705号室(7階)です。
(今後の日程…4月14日、4月28日、5月12日…)

 

★★ご案内★★
4月から難波市民学習センターにて
難波教室【木曜クラス(10:00〜)】が始まります。
(4月12日、4月26日、5月10日…)

 

 プチレクチャー “プラスα”
 

浴衣美人

 

前回の教室では、
現在開催中の東郷青児展にちなみ
パステルカラーで描かれた
淡くて甘い女性像の今昔を
絵画でたどってみようという試みに
お付き合いいただきました。

 

東郷青児に至る
儚げな女性像の系譜の
キーパーソンとしてご紹介した
鈴木晴信という浮世絵師。

 

江戸時代中期に活躍した彼は、
我々が「浮世絵」と聞いて思い浮かぶ
カラフルな錦絵誕生の立役者の一人。

 

淡い色調と可憐な女性像が特徴的でした。

ただ錦絵というと鮮やかな色のイメージが強く、
鈴木晴信のようなパステルカラーの浮世絵に
驚かれた方もいらっしゃいましたね。

 

また浮世絵の女性像は
皆同じような顔や体型だと思いがちですが
実は時期によってかなり違います。

 

華奢なロリコン体型から
肉感的なグラマー体型まで…
顔だって刻々と変化します。

 

浮世絵は基本的に
大衆の好みが反映されますので
浮世絵美人の変遷は
その時の流行りの美女像を
如実に表しているのでしょう。

 

現代も美女の人気ランキングは
日々変わりますもんね。

 

もちろん、時代や流行に流されない
自分だけの理想の女性像というものを
お持ちの方もいらっしゃるはず。
(性別関係なく)

 

もし、あなたが理想の美女の

確固たるイメージをお持ちなら
それを芸術にぶつけない手はないですね!

 

 

鈴木春信 帯
 

 



 アート関連ブックガイド 

 

----------------------------------------
すみません、今回お休みですm(_ _)m
----------------------------------------

 

 

■ 後記  
 

展示会の作品をご提出いただく際に
絵を額縁に入れてみたとたん、
なんだか立派な名画みたいになった!
おしゃれでかっこよくなった!
ということはありませんか?

 

今は安く色々な額縁が手に入るので
あまり堅苦しく考えずに
楽しんで選んでいただきたいのですが、
ここで少し額縁についての基礎知識や
その歴史をご紹介したいと思います。

 

「額縁」がどんな風に
絵画とともに変遷してきたのか
次回の教室で紐解いていきましょう。

 

今度、美術展に行った時には
今まで脇役だった額縁がきっと
気になってしまうと思いますよ☆

 

では、教室でお会いできるのを
楽しみにしています!

 


顔のアトリエ



*****************************************
▼アトリエについて(場所・日程など)▼
http://blog.romgra.com/?pid=1

▼参加・体験お申込み/お問合せメール▼
info@romgra.com
*****************************************

 

初参加お申込みフォーム

【アトリエ通信】あなただけのゴッホ像 他

  • 2018.03.08 Thursday
  • 15:54

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
INDEX
1.絵画教室『顔のアトリエ』日程のご案内
2.プチレクチャー“プラスα”
3.アート関連ブックガイド

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━


 絵画教室『顔のアトリエ』日程のご案内  
 

今週の教室日は…
 

【金曜クラス】3月9日(金)
※新大阪教室 夕方の部(16:30〜)・夜の部(19:30〜)
ともに706号室(7階)です。
(今後の日程…3月23日、4月13日、4月27日…)

 

【土曜クラス】3月10日(土)
※新大阪教室 昼の部(13:30〜)・夕方の部(16:30〜)
ともに705号室(7階)です。
(今後の日程…3月24日、4月14日、4月28日…)

 

 プチレクチャー “プラスα”
 

ひまわり 写真

 

前回の教室では、
京都国立美術館で開催されていた
「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」にちなみ
フィンセント・ファン・ゴッホの人生と
作品の変遷をあらためてたどってみました。

 

印象的な彼の作品と人生は
多くの映画や舞台の題材になったため、
独り歩きした様々なエピソードや伝説が
ゴッホのイメージに影響を与えています。

 

みなさんの中にも大なり小なり
それぞれの「ゴッホ像」「ゴッホ観」
といったものがあるのではないでしょうか。

 

それに正否はない、と私は思います。
どれだけ出来事の謎が解明されても
故人の本心まではわからないのですから。

 

私自身、ゴッホの作品や人生に触れるたびに
その時自分が置かれている状況を反映して
絵画の印象や感動の種類が変わります。

 

恐ろしかったり、情けなかったり、愛おしかったり…
変わり続けているのは作品や情報ではなく、
受けとめる私の心なのでしょうね。

 

芸術は、作り手と作品だけでは成り立たない。
受けとめる鑑賞者がいてはじめて完成されるのだと
ゴッホに接するたびにそう実感します。

 

今、ゴッホの絵は
みなさんの心にどんな風に映りますか?

 

 

カラスのいる麦畑
 

 



 アート関連ブックガイド 

 

東郷青児 (らんぷの本) (らんぷの本)
野崎 泉
河出書房新社
売り上げランキング: 15,625

現在、あべのハルカス美術館で
東郷青児展が開催中です。

 

正直なところ、私はあまり詳しくなく
この本も含めた資料を集めて
少し勉強させていただきました。

 

昭和生まれの人間なら
いつかどこかで見たことあるような
甘く儚げで、モダンな雰囲気もある女性像。

 

独特な美人画で一世を風靡し、
二科展の再建・宣伝にも尽力した東郷氏は
今でも人気の高い作家さんで
アトリエでもファンの方がいらっしゃいます。

 

この本ではタブローの紹介だけでなく、
雑貨、包装紙、パッケージ、本の装丁など
暮らしに溶け込む身近なデザインを多く手がけ、
「大衆に愛されるわかりやすい芸術」
を目指した彼の仕事に焦点をあてています。

 

そのため、
「昔通った喫茶店のマッチの絵だ」
「母親が使っていた化粧品のパッケージで見た」
など、彼の作品から昔の記憶がよみがえり
懐かしいという人も多いようです。

 

時を経て、昭和の思い出の中に寄り添う絵画。

平成の今となっては、そんなノスタルジーが
東郷青児の魅力の一つでもあり、
そういう絵画の在り方っていうのも素敵だなぁと
しみじみ感じさせてくれる一冊です。

 

 

■ 後記  
 

桃の節句も過ぎ、ひと雨毎に
春の訪れが感じられるようになりました。

 

上のブックガイドでもご紹介しましたが
あべのハルカス美術館では
「生誕120年 東郷青児展 夢と現の女たち」が
4月15日まで開催中です。

 

今週の教室では、この東郷青児と
パステルカラーの似合う今の季節にちなみ
「淡くて甘い女性像の系譜」と題して
パステルカラーで描かれた
夢見るような女性像の今昔を
絵画でたどってみたいと思います。

 

ロマンティックな春の気分を
絵画鑑賞で一緒に味わいませんか☆

 

では、教室でお会いできるのを
楽しみにしています!

 


顔のアトリエ



*****************************************
▼アトリエについて(場所・日程など)▼
http://blog.romgra.com/?pid=1

▼参加・体験お申込み/お問合せメール▼
info@romgra.com
*****************************************

 

初参加お申込みフォーム

【アトリエ通信】日本最古カップルの結末 他

  • 2018.02.22 Thursday
  • 15:46

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
INDEX
1.絵画教室『顔のアトリエ』日程のご案内
2.プチレクチャー“プラスα”
3.アート関連ブックガイド

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━


 絵画教室『顔のアトリエ』日程のご案内  
 

今週の教室日は…

 

【金曜クラス】2月23日(金)
※新大阪教室 夕方の部(16:30〜)・夜の部(19:30〜)
ともに706号室(7階)です。
(今後の日程…3月9日、3月23日、4月13日…)

 

【土曜クラス】2月24日(土)
※新大阪教室 昼の部(13:30〜)・夕方の部(16:30〜)
ともに706号室(7階)です。
(今後の日程…3月10日、3月24、4月14日…)

 

 プチレクチャー “プラスα”
 

カップル画像

 

前回の教室では、バレンタインにちなみ
「絵画の中の恋人たち」と題し
古今東西の絵画に描かれた恋愛模様を
ちょっとのぞいてみました。

 

旧約聖書での最初の人間アダムとイヴに対し
日本最古のカップルとしてご紹介した
日本神話のイザナギ・イザナミ神。

 

鑑賞した絵画の中では仲睦まじく
国産みにはげんでいた二柱ですが
その後いろいろあった諍いで、


「お前の国の人間を1日1000人殺してやる!」
と激高するイザナミに対し、イザナギは
「それなら私は1日1500の子を産ませよう」
と言い返すという、大規模な口喧嘩をやらかします。

 

日本最古のカップルは夫婦ゲンカのあげく、
破局してしまったんですね…。

 

日本神話では、この後もたくさんの神様が登場し、
壮大かつ人間臭いドラマを繰り広げます。

 

神話には、現在私たちが触れている多くの物語の
原型がつまっていると言われます。
世界各地の神話で似たようなエピソードが見られ
類似点が多いのは不思議なことです。

 

ここ数年、歴女や山ガールなどのノリで
一部の若者の間で「古事記」が人気なのだそう。
そういえば書店でも、わかりやすく解説された
「古事記」本をちらほら見かけます。

 

信仰や教養として厳かに接するのも良いですが、
面白い読み物として日本神話に親しんでみるのも
またアリかもしれませんね。

 

 

国産み
 

 



 アート関連ブックガイド 

 

恋する西洋美術史 (光文社新書)
光文社 (2014-06-27)
売り上げランキング: 3,676

古より人類の二大関心事はずっと
「死」と「愛(恋愛)」であり、
美術作品においてもこの二つのテーマが
かなりの部分を占める、と著者は言います。

 

「死」と「恋愛」に共通するのは、
生命そのものの主題であるにも関わらず
どちらもあまり深入りすると
タブーとされるような一面を持つこと。

 

この本は西洋絵画に描かれる「恋愛」
特に「性愛」の部分にもしっかりと切り込んだ
成人向けの内容です。

 

第一章は画家たちの恋愛事情、
第二章は神話に描かれた神々の奔放な恋物語、
三章以降は恋愛、結婚、禁忌などをテーマに
絵画を通して西洋の歴史や風俗を紹介しています。

 

私が面白かったのは後半の章。
絵画に見る、時代や地域による独特の恋愛観が
新鮮で勉強になりました。

 

今では考えられないような驚きの価値観もあれば、
時代を超えて共通する価値観もあります。

 

また、第二章での神話の中の神様たちは
けっこう奔放な恋愛を謳歌しているのですが、
我々庶民に自由な恋愛が許されたのは
ごく最近のことなのだとあらためて実感させられます。

 

…いや今でも、恋愛において
本当に自由が保障されているかと言われると
案外そうでもないかもなぁと
読みながら考えこんでしまいました。

 

 

■ 後記  
 

今週の教室では
京都国立美近代術館で3月4日まで開催中の
「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」にちなみ
今あらためて、この超有名な芸術家
フィンセント・ファン・ゴッホの人生と
絵画作品の変遷をたどってみたいと思います!

 

 

☆★☆ご案内☆★☆
 

前回ご案内いたしました
3月8日からの展示会に出品していただける方は
(3月7日の展示作業日を除き)
今週の教室で作品をお預かりいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。
m(_ _)m

 

では、教室でお会いできるのを
楽しみにしています!

 


顔のアトリエ



*****************************************
▼アトリエについて(場所・日程など)▼
http://blog.romgra.com/?pid=1

▼参加・体験お申込み/お問合せメール▼
info@romgra.com
*****************************************

 

初参加お申込みフォーム

【アトリエ通信】なぜ怒ってるの? 他

  • 2018.02.08 Thursday
  • 18:16

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
INDEX
1.絵画教室『顔のアトリエ』日程のご案内
2.プチレクチャー “プラスα”
3.3月展示会 作品出品のお願い
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━


 絵画教室『顔のアトリエ』日程のご案内  
 

今週の教室日は…
【金曜クラス】2月9日(金)
※新大阪教室 夕方の部・夜の部ともに706号室(7階)です。
(今後の日程…2月23日、3月9日、3月23日…)

 

【土曜クラス】2月10日(土)
※新大阪教室 昼の部は706号室(7階)です。
(今後の日程…2月24日、3月10日、3月24日…)

 

 プチレクチャー “プラスα”
 

伐折羅大将

 

前回の教室では、「怒りの表現」をテーマに
絵画や仏像などに見られる
様々な怒りの表情を鑑賞しました。

 

ムッとするだけの軽い怒りから
燃え盛るような激しい怒りまで
その度合いも様々ですが、
なぜ怒っているのかという理由も様々でしたね。

 

ご紹介したある絵に対して、
「怒っているというよりおびえているようだ」
という感想があり、なるほどなぁと思いました。

 

たしかに、怒っている時というのは
一方で必ず何かにおびえているような気がします。

 

怒りの根底には恐怖心があるものなのでしょうか。

 

ちなみに仏教では「怒り」を観察するために
以下のように10種類に分類し、
感情に振り回されないよう対処するそうです。

 

ヾ靄榲な怒り(ドーサ)

∩悪(ヴェーラ)
1紊漾淵Ε僖福璽蓮

し攣襦淵泪奪) 
ツイ蟾腓ぁ淵僖蕁璽機

嫉妬(イッサー) 
物惜しみ(マッチャリヤ)

反抗心(ドゥッバチャ)
後悔(クックッチャ)

激怒(ビャーパーダ)


(アルボムッレ・スマナサーラ『怒らない練習』より)

 

…これはなんだか、身につまされますねあせ

 

 

怒り 帯画像
 

 



 3月展示会 作品出品のお願い 

 

1月の展示会が終わって間もないのですが、
今度は弁天町ORC200生涯学習センターの
「春のセンターまつり」内での作品展示に
出品をお願いしたくご案内いたしますm(_ _)m

 

展示期間は3月8日(木)〜3月20日(火)
特別会議室内に展示スペースをいただいております。

 

出品作品は2月の後半の教室日に
過去の自信作を1点、お持ち寄り下さい。

 

展示作業はこちらで行いますが、
展示作業日の3月7日の13時から17時までに
弁天町ORC200生涯学習センターまで
作品を直接お持ちいただいてもかまいません。

 

今年は慌ただしくなり、すみません!

 

また教室でもご案内しますが、
どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

■ 後記  
 

街がチョコレートとハートで
埋め尽くされるバレンタイン。

 

次回はこの華やかなイベントに乗じて
「絵画の中の恋人たち」と題し
古今東西の絵画に描かれた恋愛模様を
覗いてみたいと思います☆

 

神話に登場するカップルから
画家自身の体験に基づくものまで
絵画には様々な恋人たちが登場します。

 

では、教室でお会いできるのを
楽しみにしています!

 


顔のアトリエ



*****************************************
▼アトリエについて(場所・日程など)▼
http://blog.romgra.com/?pid=1

▼参加・体験お申込み/お問合せメール▼
info@romgra.com
*****************************************

 

初参加お申込みフォーム

【アトリエ通信】部分にこめられた美意識…日本髪 他

  • 2018.01.25 Thursday
  • 13:44

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
INDEX
1.絵画教室『顔のアトリエ』日程のご案内
2.プチレクチャー “プラスα”
3.アート関連ブックガイド
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━


 絵画教室『顔のアトリエ』日程のご案内  
 

今週の教室日は…

【金曜クラス】1月26日(金)
※新大阪教室 夕方の部・夜の部ともに706号室(7階)です。
(今後の日程…2月9日、2月23日、3月9日…)

 

【土曜クラス】1月27日(土)
※新大阪教室 昼の部は706号室(7階)です。
(今後の日程…2月10日、2月24日、3月10日…)

 

 プチレクチャー “プラスα”
 

日本髪 浮世絵

 

前回の教室では、
「日本髪と肖像画」をテーマに
浮世絵や日本画、テレビの時代劇などで見る

主に江戸時代の男女の髪型を中心に
代表的な日本髪の種類やつくりを見ていきました。

 

日本髪の部位で私が興味深く感じたのは
上方では「つと」、江戸では「たぼ」と呼ばれた
襟足(うなじの上)の張り出した部分。

 

今の感覚だと、なんかうっとうしそうだなぁと
思ってしまうのですが
崩しの美学とでも言うのでしょうか、
今で言う「こなれ感」や「抜け感」に
通じるものだと思うと納得がいきます。

 

この「つと」「たぼ」が時代の流行によって
出たり引っ込んだりするのですが、
ある流行が飽和状態になった時
それまでダサいとされていたものが
逆に新鮮になってもてはやされる…
この繰り返しは、現代も変わりませんね。

 

きっちりしすぎるのは野暮だけど、
粋を狙って崩しすぎるとだらしなくなる。

 

今も昔もおしゃれさんたちには
絶妙なバランス感覚が求められます。

 

外国人はもとより現代日本人でさえ
違和感を覚えるほど、独特で特徴的な日本髪。

 

その形や部分それぞれに
繊細な美意識が詰まっていることを知れば、
浮世絵や時代劇などでも
また見る目が変わってくるかもしれません。

 

 

花魁
 

 



 アート関連ブックガイド 

 

かわいい禅画: 白隠と仙
かわいい禅画: 白隠と仙
posted with amazlet at 18.01.28
矢島 新
東京美術
売り上げランキング: 683,789

禅画とは、
禅宗の教義や精神を表現した絵画のこと。

 

大変難解とされる禅宗の教えを
庶民にも親しみやすいように
絵画を用いて表したものです。

 

…と、そんな解説はどうでもよくなるほど
ここに紹介されている
白隠と仙僉米辰棒苹僉砲料飢茲
とにかくかわいくて、笑えます。

 

適当すぎ!とつっこみたくなるほど
ゆる〜く描かれた子どもやおじさん(偉人)
動物たちのおもしろカワイイこと!

 

のびのびしていて、すごく楽しそうで
簡略化された画風の中にも
作者の愛を感じます。

 

威圧的な上から目線ではなく、
庶民の目線で表現された時に
かわいい造形が生まれると著者は言います。

 

このかわいい絵を見て笑って
ほっこり幸せな気分になれたなら、
禅の教義なんてもうどうでもいいんじゃない?
とさえ思えてしまう、癒しの一冊です。

 

 

■ 後記  
 

次回の教室では
伊丹市立美術館で2月25日まで開催中の
「しかめっつら ドーミエ流パリっ子図鑑」にちなみ
「怒り(しかめっつら)の表情を描く」をテーマに
表情の表現についてお話ししたいと思います。

 

オノレ・ドーミエは、19世紀のフランスの画家。

 

ドーミエの人物描写は
今にも動き出しそうなほど表情豊かで、
そこには人間の本質までもが
照らし出されています。

 

では、教室でお会いできるのを
楽しみにしています!

 


顔のアトリエ



*****************************************
▼アトリエについて(場所・日程など)▼
http://blog.romgra.com/?pid=1

▼参加・体験お申込み/お問合せメール▼
info@romgra.com
*****************************************

 

初参加お申込みフォーム

絵画教室 顔のアトリエ新春展示会 好評開催中です!

  • 2018.01.16 Tuesday
  • 17:26


■━━━━━━━━━━━■
   絵画教室 顔のアトリエ

   新春展示会のご案内

■━━━━━━━━━━━■

 

顔のアトリエ 2018新春展示会 案内

 

 

アトリエメンバー皆様よりお預かりした作品の展示が

先週金曜日に仮設置、日曜日になんとか完了し、

現在絶賛展示中です!

 

ギャラリーをお借りしている会場の

来場者さんからもなかなかのご好評を

いただいているようです☆

 

===============================

『絵画教室 顔のアトリエ仲間展』

【展示期間】

〜1月25日(木)(厳密には26日の朝まで)

《開館時間》9:30〜21:30(日・祝⇒17:00まで)

《休館日》水曜日

 

【展示会場】

弁天町ORC200生涯学習センター

ロビー正面ギャラリー

 

大阪市港区弁天1-2-2-700

オーク200ビル内2番街7階

電話番号:06-6577-1410

▼アクセス▼

https://www.kyoiku-shinko.jp/orc200/access/

 

===============================

 

もしお近くへお越しの際は

ぜひともお立ち寄りくださいませ。

 

【アトリエ通信】色を制する者は戦を制す? 他

  • 2018.01.11 Thursday
  • 15:04

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
INDEX
1.絵画教室『顔のアトリエ』日程のご案内
2.プチレクチャー “プラスα”
3.アート関連ブックガイド
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━


 絵画教室『顔のアトリエ』日程のご案内  
 

今週の教室日は…
 

【金曜クラス】1月12日(金)
※新大阪教室 夕方の部は706号室(7階)です。
※新大阪教室 夜の部は706号室(7階)です。
(今後の日程…1月26日、2月9日、2月23日…)

 

【土曜クラス】1月13日(土)
※新大阪教室 昼の部は706号室(7階)です。
(今後の日程…1月27日、2月10日、2月24日…)

 

 

 プチレクチャー “プラスα”
 

チームワーク

 

前回の教室では、
あべのハルカス美術館で開催中の
「ジブリの立体建造物展」を参考に、
色でつくる世界観について見ていきました。

 

一人で制作する絵画なら、
世界観が途中で変わっても問題ないのですが、
アニメのように複数のスタッフが関わる場合は、
世界観を統一するためにあらかじめ
全体の色のイメージも決めておく必要があります。

 

これは経営などビジネスにも通じることですね。
 

私はアニメ制作には不案内ですが、
企業のイメージ戦略としての色彩設計には
いくらか経験があります。

 

こういった戦略の基盤となるのが
ロゴマークなどのデザインや
コーポレート・カラーとも呼ばれる
会社の理念を表すシンボルカラーです。

 

企業イメージは、消費者や取引会社など
社外に発信するものであると同時に、
社内の結束力を高め
士気を上げるものでなくてなりません。

 

会社ではありませんが、
サッカー日本代表のユニフォームの色であり
選手だけでなく日本中を結束させる
「サムライブルー」の威力は定番ですね。

 

リーダー一人がどんなにすごい人でも、
仲間にその志が浸透していなければ
チームの本当の力は発揮されません。

 

そこで活用されるのが
色や形といったビジュアルの力。

 

とりわけ色の力は、
思いのほか強力なのです。

 

 

サッカー
 

 



 アート関連ブックガイド 

 

色彩の世界地図 (文春新書)

文藝春秋
売り上げランキング: 540,721

前回のアトリエ通信で
国旗の配色について少し触れましたが
日本の日の丸における「赤」が、
その名のとおり日(太陽)を表すのは
言うまでもないですね。

 

ですが、この本によると
世界的には国旗に使われる「赤」は
「血」を意味することが多いとのこと。

 

建国のために犠牲になった人々の血を
象徴しているという国が最も多いそうです。

 

こんな風に、同じ色でも国によって
その意味するところは大きく違います。

色の意味にはその国や土地の歴史の記憶が
深く関わってくるからです。

 

例えば、
アジアでは皇帝や高位を示す色である黄色が
欧米では人種問題に結び付けられる場合があるように、
色によっては印象の良し悪しが
真逆なものもあるので取り扱い注意です。

 

国や地域によっての
色のとらえ方の違いがわかる
面白いエピソードが満載のこの本は、
「色」を通して世界の歴史や文化を
一歩深く知ることができる一冊です。

 

 

 

■ 後記  
 

今週は教室での描き初めになりますね☆
皆さま、本年もどうぞ
よろしくお願い致しますm(_ _)m

 

次回の教室では遅ればせながら
お正月の和の雰囲気にあやかり、
「日本髪と肖像画」をテーマに
お話ししたいと思います。

 

浮世絵や日本画、テレビの時代劇などを見ても
人物の髪型が実際どういう作りになっているのか
よくわからないってこと、ありませんか?

 

まさしく私がそうだったので、
今回良い勉強になりました☆

 

もしこの方面にお詳しい方がいらっしゃいましたら
いろいろ教えてくださいね!

 

では、教室でお会いできるのを
楽しみにしています!

 


顔のアトリエ



*****************************************
▼アトリエについて(場所・日程など)▼
http://blog.romgra.com/?pid=1

▼参加・体験お申込み/お問合せメール▼
info@romgra.com
*****************************************

 

初参加お申込みフォーム

【アトリエ通信】世界の色、日本の色 他

  • 2017.12.21 Thursday
  • 11:48

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
INDEX
1.絵画教室『顔のアトリエ』日程のご案内
2.プチレクチャー “プラスα”
3.アート関連ブックガイド
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━


 絵画教室『顔のアトリエ』日程のご案内  
 

今週の教室日は…
 

【金曜クラス】12月22日(金)
※新大阪教室 夕方の部は705号室(7階)です。
※新大阪教室 夜の部は705号室(7階)です。
(今後の日程…1月12日、1月26日、2月9日、1月23日…)

 

【土曜クラス】12月23日(土)
※新大阪教室 昼の部は705号室(7階)です。
(今後の日程…1月13日、1月27日、2月10日、1月24日…)

 

 

 プチレクチャー “プラスα”
 

紅白

 

前回の教室では、
神戸市立博物館で来年2月4日まで開催中の
「ボストン美術館の至宝展」の作品を参考に、
配色の技法や表現について見ていきました。

 

この展覧会では古代エジプト、
中国、日本、フランス、アメリカなど
世界各国の芸術を堪能できるということで、
国をイメージさせる配色とは何かについても
少し触れさせていただきました。

 

例えば、日本のイメージで配色を考える際、
時代や地域、サンプルにする対象や
個人の印象によっても大きく異なり
ある配色に特定してしまうのは難しいものです。

 

ただ比較的納得できる「国」を表す配色となると、
妥当なところでは「国旗」の色かもしれません。

 

日本の場合は日の丸、赤と白。
 

源平合戦より対抗する色として用いられる赤と白。
祝いの席の紅白幕や紅白饅頭など
縁起物に用いられる赤と白。

 

絵画においても「紅白梅」や「紅白鯉」など
赤と白は日本的なモチーフの要素として
今もなお親しまれています。

 

クリスマスが過ぎると今度は
お正月飾りの赤白が街にあふれますね。

 

さて、今年の紅白歌合戦は
どちらに軍配が上がるのでしょうか?

 

 

喜多川歌麿
 

 



 アート関連ブックガイド 

 

モンマルトル 青春の画家たち (とんぼの本)
益田 義信 双葉 十三郎 熊瀬川 紀
新潮社
売り上げランキング: 1,028,166

モンマルトル。

 

パリの北にあるこの小さな丘の上で、
画家たちは貧困とたたかいながら
「自分の絵」を求めていった…

 

モンマルトルという場所の歴史と
ルノワール、ロートレック、ゴッホ、
ユトリロ、モジリアーニ、ピカソなど
この場所をめぐる芸術家たちの
エピソードや写真がつまった本です。

 

読んでいる間じゅう、
加藤登紀子の歌『時には昔の話を』が
頭の中で何度もリピートされていました。

 

お金はなくてもなんとか生きてた
貧しさが明日を運んだ

 

嵐のように毎日が燃えていた

息がきれるまで走った

 

そうだね

 

…ザ・青春。
そんな感じの一冊です。

 

 

 

■ 後記  
 

2017年も残すところあとわずか。
今週が教室では
年内最後の描き納めとなります!

 

あべのハルカス美術館では来年2月5日まで
「ジブリの立体建造物展」が開催中。

 

「風の谷のナウシカ」から「思い出のマーニー」まで
スタジオジブリのアニメーション作品に登場する
建造物の背景画や立体模型などが公開されています。

 

この展覧会のテーマ「部分を見れば、全体が見える」。
これは、色についても同じことが言えます。

 

次回はジブリアニメーションの背景画を参考に
魅力的な「世界観」をつくる配色について
皆さんと探ってみたいと思います☆

 

では、教室でお会いできるのを
楽しみにしています!

 


顔のアトリエ



*****************************************
▼アトリエについて(場所・日程など)▼
http://blog.romgra.com/?pid=1

▼参加・体験お申込み/お問合せメール▼
info@romgra.com
*****************************************

 

初参加お申込みフォーム

「顔のアトリエ」とは?

顔のアトリエとは
絵画教室 顔のアトリエ 会場と日程
初受講(体験)お申し込みフォーム
お問合わせメール

ご案内

新規生徒募集
顔のアトリエ 展示会・イベント等のご案内
個人レッスン
出張教室
遺影画とは

「顔のアトリエ」の特徴

続けやすい理由

顔のアトリエの特徴2

顔のアトリエの特徴1

無料メルマガ【アトリエ通信】登録フォーム

絵画教室 顔のアトリエ 8周年

終活カウンセラーのいるお店
終活カウンセラーのいる会社
ホルベイン アーチストナビ

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM