【アトリエ通信】リアルとデフォルメの狭間で 他

  • 2017.10.26 Thursday
  • 14:29

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
INDEX
1.絵画教室『顔のアトリエ』日程のご案内
2.プチレクチャー “プラスα”
3.アート関連ブックガイド
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━


 絵画教室『顔のアトリエ』日程のご案内  
 

今週の教室日は…
【金曜コース】10月27日(金)
※新大阪教室 夕方の部は708号室(7階)です。
※新大阪教室 夜の部は705号室(7階)です。
(今後の日程…11月10日、11月24日、12月8日…)

 

【土曜コース】10月28日(土)
※新大阪教室 昼の部は706号室(7階)です。
(今後の日程…11月11日、11月25日、12月9日…)

 

 

 プチレクチャー “プラスα”
 

雪中虎図

 

前回の教室では、
あべのハルカス美術館で11月19日まで開催中の
「北斎-富士を超えて-」展にあやかり
江戸時代後期の浮世絵師・葛飾北斎の
作品とその魅力の一端に触れました。

 

教室でも人気の高かった「雪中虎図」。
現実の虎からは程遠い姿の虎。
ですが今にもぬめぬめと動きだしそうな
奇妙な立体感があります。

 

鎖国中であった当時ですが
1720年の洋書の輸入緩和令により
外国の挿絵本や銅版画が江戸にも流通しました。

 

そこで見る洋画のリアルさに驚嘆した絵師たちは
我先にと新しい技法をとり入れました。

 

もちろん北斎もその一人。
積極的に洋画の技法を学び、自分の作品に採用しています。

 

そのためか、北斎をはじめ
時代の過渡期である当時の日本画家たちの絵は、
技術的には中途半端ながらも、
リアルとデフォルメの狭間をただよう
不思議な魅力があるようです。

 

…こじつけるようですが、
たとえば、絵を描くなかで
「リアルに描ききれない」「デフォルメしきれない」
とお悩みの方が、皆さんの中にも多いでしょう。

 

もちろん、その向上心は素晴らしいです。
ただ、少し立ち止まって
成長の過渡期にある「今」だけの作品の魅力にも
できれば気づいてあげてほしいな、と思います。

 

なんて、偉そうなことを書きましたが

何より自分自身に言い聞かせていることですので

ご容赦くださいませ汗

 

 

濤図 帯
 

 



 展示会作品出品のご案内 

 

大変お待たせいたしました!
次回の展示会ですが、
来春1月に仮決定いたしました!

 

今年度は諸事情により
かなり遅くなってしまい申し訳ありません!

展示期間は1月12日(金)〜1月26日(金)の
2週間を予定しています。

 

弁天町生涯学習センターロビー
正面壁面の目立つ場所ですので、
作品を多くの人に見てもらうチャンスです☆
どうぞ奮ってご出品下さい!

 

詳しくは教室でご案内しますが、
どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

■ 後記  
 

現在、大阪市立美術館で
「ディズニー・アート展」が
来年の1月21日まで開催中です。

 

ディズニーアニメの中の
動物キャラクターたちはそれぞれ
とても豊かな個性を持っていますね。

 

では逆に人を動物に例えたら?という視点から
人物の印象をつかみ似せるためのコツを
ちょっとした遊びを通して探ってみたいと思います。

 

では、教室でお会いできるのを
楽しみにしています!

 


顔のアトリエ



*****************************************
▼アトリエについて(場所・日程など)▼
http://blog.romgra.com/?pid=1

▼参加・体験お申込み/お問合せメール▼
info@romgra.com
*****************************************

「顔のアトリエ」とは?

顔のアトリエとは
絵画教室 顔のアトリエ 会場と日程
初受講(体験)お申し込みフォーム
お問合わせメール

ご案内

新規生徒募集
顔のアトリエ 展示会・イベント等のご案内
個人レッスン
出張教室
遺影画とは

「顔のアトリエ」の特徴

続けやすい理由

顔のアトリエの特徴2

顔のアトリエの特徴1

無料メルマガ【アトリエ通信】登録フォーム

絵画教室 顔のアトリエ 8周年

ホルベイン アーチストナビ

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM