【アトリエ通信】日本人の顔の変遷 他

  • 2019.04.21 Sunday
  • 16:01

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
INDEX
1.絵画教室『顔のアトリエ』日程のご案内
2.プチレクチャー“プラスα”
3.次回のレクチャーテーマ

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━


 絵画教室『顔のアトリエ』日程のご案内  
 

今週の教室日は…
 

【水曜クラス】4月24日(水)

※城東教室(10:00〜) ※荒本教室(13:30〜)

(今後の日程…城東教室:5月8日、5月22日…/荒本教室:5月15日、5月22日…)

 

【木曜クラス】4月25日(木)
※難波教室(10:00〜)
(今後の日程…5月9日、5月23日…)

 

【金曜クラス】4月26日(金)
※弁天町教室(10:00〜)
※新大阪教室 夕方の部(16:30〜)・夜の部(19:30〜)
ともに706号室
(今後の日程…5月10日、5月24日…)

 

【土曜クラス】4月27日(土)
※新大阪教室 昼の部(13:30〜)・夕方の部(16:30〜)夜の部(19:30〜)
すべて804号室 ※8階ですのでご注意ください。
(今後の日程…5月11日、5月25日…)

 

【日曜クラス】4月28日(日)
※新大阪教室 昼の部(13:30〜)・夕方の部(16:30〜)
すべて706号室
(今後の日程…5月12日、5月26日…)

 

 プチレクチャー “プラスα”
 

頭蓋骨

 

前回の教室では、「顔の形」の分類と見分け方、
シンプルな形でデフォルメして描くポイント等をご案内しました。

 

顔の形を決める要素は、骨格・筋肉・脂肪のバランスです。
 

特に骨格の発達度合いは大人っぽさ、子供っぽさ、男性らしさ、女性らしさ、
といった特徴にも密接に関わってきます。

 

骨格があれば生前の顔の復元も可能で、
遺跡等から発掘された頭骨から
古代日本人の顔でさえ知ることができます。

 

(ちなみに最近の復元ではDNA情報から
髪や目の色、肌質までわかるようになったため
より生き生きとした姿が再現できるそうです。)

 

こうして再現された顔を時代ごとに並べてみると
日本人の顔の傾向の変遷がよくわかるのですが
シンプルな形状で言うと四角から三角へ
つまり顎が徐々に細く小さくなってきているようです。

 

顔の上部(目など)が大きく下部(顎など)が小さい三角形の顔へ。

 

「このままだと未来人の顔は宇宙人のようになる!」と
昔どこかのトンデモ本で見たような気がするのですが
2019年、新元号「令和」を迎える現代人の顔は果たして…?

 

 

宇宙人
 

 

■ 次回のレクチャーテーマ  

 

今週ご案内するのは、「顔のパーツの配置」について。
 

顔のパーツの配置、特に目の配置の特徴は、
その人の顔の印象を大きく左右します。

 

ではパーツの配置の個性によって、
人の印象はどのようにの違ってくるのでしょうか。

 

前回に引き続き、デフォルメして描きたい時や、
その人らしさをより強調したい時に
参考になるポイントをご紹介します。

 

では、教室でお会いできるのを
楽しみにしています!

 


顔のアトリエ



*****************************************
▼アトリエについて(場所・日程など)▼
http://blog.romgra.com/?pid=1

▼参加・体験お申込み/お問合せメール▼
info@romgra.com
*****************************************

 

初参加お申込みフォーム

「顔のアトリエ」とは?

顔のアトリエとは
絵画教室 顔のアトリエ 会場と日程
初受講(体験)お申し込みフォーム
お問合わせメール

ご案内

新規生徒募集
顔のアトリエ 展示会・イベント等のご案内
個人レッスン
出張教室
遺影画とは

「顔のアトリエ」の特徴

続けやすい理由

顔のアトリエの特徴2

顔のアトリエの特徴1

無料メルマガ【アトリエ通信】登録フォーム

絵画教室 顔のアトリエ 8周年

ホルベイン アーチストナビ

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM