スキマ時間で「聴く美術」

  • 2015.05.05 Tuesday
  • 17:46

有名芸術家の紹介を簡単にまとめ、2、3分でぱぱっと聞ける音声にしました。

滑舌の悪さはもちろん、車の走行音が入っていたりと慣れない録音でお聞き苦しいかとは思いますが、もしよろしければ自由にご利用ください。

 

 

■サンドロ・ボッティチェリ(1445年頃〜1510年)


【代表作】ヴィーナスの誕生(1485年頃)

ヴィーナスの誕生

 

ボッティチェリ*三つのポイント
1.繊細で優雅な線描
2.文学的主題と作風
3.19世紀に再評価

 

 

 

 

■アンソニー・ヴァン・ダイク(1599年〜1641年)


【代表作】英国王チャールズ1世の肖像(1635年頃)

英国王チャールズ1世の肖像

 

ヴァン・ダイク*三つのポイント
1.明るく華麗な色彩
2.躍動感と気品を両立させた作風
3.イギリス肖像画のルーツ

 

 

 

 

■レンブラント・ファン・レイン(1606年〜1669年)


【代表作】フランス・バニング・コック隊長の市警団(1642年)

フランス・バニング・コック隊長の市警団

 

レンブラント*三つのポイント
1.オランダを代表する巨匠
2.「光と影の魔術師」
3.自画像を数多く制作

 

 

 

 

■ディエゴ・ベラスケス(1599年〜1660年)


【代表作】ラス・メニーナス(1656年)

ラス・メニーナス

 

ベラスケス*三つのポイント
1.スペインの宮廷画家
2.対象を理想化しない独自のリアリズム
3.印象派の先駆とされる色彩とタッチ

 

 

 

 

■フランシスコ・デ・ゴヤ(1746年〜1828年)


【代表作】プリンシペ・ピオの丘での虐殺(1814年頃)

プリンシペ・ピオの丘での虐殺

 

ゴヤ*三つのポイント
1.スペインの宮廷画家
2.社会風刺の精神
3.人間の心の闇を表現

 

 

 

 

■ウィリアム・ターナー(1775年〜1851年)


【代表作】雨、蒸気、速度―グレート・ウェスタン鉄道(1844年)

 

ターナー*三つのポイント
1.輝くような色彩の風景画
2.晩年の作風は抽象的な表現
3.色彩による光の表現は印象派の先駆け

 

 

 

 

■ポール・ゴーギャン(1848年〜1903年)


【代表作】我々はどこから来たのか、我々は何者か、我々はどこへ行くのか(1898年頃)

われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか

 

ゴーギャン*三つのポイント
1.タヒチ島での創作
2.クロワゾニスム(色面構成)
3.象徴主義への影響

 

 

 

 

■フィンセント・ファン・ゴッホ(1853年〜1890年)


【代表作】ひまわり(1888年頃)

ひまわり1888

 

ゴッホ*三つのポイント
1.原色を使った鮮やかな色彩
2.燃え上るような独特のタッチ
3.表現主義への影響

 

 

「顔のアトリエ」とは?

顔のアトリエとは
絵画教室 顔のアトリエ 会場と日程
初受講(体験)お申し込みフォーム
お問合わせメール

ご案内

新規生徒募集
顔のアトリエ 展示会・イベント等のご案内
よくあるご質問b
個人レッスン
出張教室
遺影画とは
聴く美術b

「顔のアトリエ」の特徴

続けやすい理由

顔のアトリエの特徴2

顔のアトリエの特徴1

▼カリキュラムマップ▼ 顔のアトリエ カリキュラムマップ

▼絵を描く習慣の効果▼ 絵を描くことの効果

無料メルマガ【アトリエ通信】登録フォーム

絵画教室 顔のアトリエ 8周年

ホルベイン アーチストナビ

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM