【白黒映像のカラー化に再発見する、色のちから】

  • 2014.10.12 Sunday
  • 11:59

ETV特集「よみがえる色彩〜激動の20世紀 アーカイブ映像の可能性〜」

******************************
激動の20世紀は、出来事の多くが初めて映像に記録された「映像の世紀」と呼ばれ、さまざまな地域に膨大な映像が残された時代です。しかし、その多くを占める白黒の映像は、見る人に、出来事が「過去」のもので、「自分と関わりがない」と感じさせやすいとも言われています。

その意識をくつがえしたのが「白黒映像のカラー化」です。2009年、ヨーロッパで制作され、日本を含む世界の165か国で大きな反響を呼んだ番組「アポカリプス(邦題:カラーでよみがえる第二次世界大戦)」は、ナチスドイツの旗の赤から、日本兵が苦しんだジャングルの緑に至るまで、綿密な考証に基づいて当時の色彩を再現。第二次世界大戦の世界が、感触や奥行きを取り戻し、私たちの前に立ち現れました。(以下略)

(NHKホームページより)
******************************

テレビをつけると、たまたまやっていたNHKのETV特集
「よみがえる色彩〜激動の20世紀 アーカイブ映像の可能性〜」

これは…衝撃でした。

カラー化の技術やその意義に対して、というよりも
「色って、ここまで力のあるものだったのか!」という再発見と驚きです。

正直なところ、白黒映像のカラー化の工程は意外とアナログだな、という感想を持ちました。
失礼な言い方かもしれませんが、昔あった白黒写真に無理やり着彩したもの(手彩色絵葉書)と、あまり変わらないような気がします。(ネットに頼らない念入りな時代考証、CGとは言え手作業に近い着彩など、いい意味でもアナログだ、ということです)
でも、だからこそ、映像に少し色がついただけでここまで印象が変わるのか!という気づきが強調されました。
完璧なカラー化とは言えない部分も、頭の中で補完されて想像力がかきたてられるという点では、ある意味効果的なのかもしれません。

何にせよ、色が着くことで再現される…空気感がすごい!

私がテレビをつけた時にやっていたのは、
1920年代のパリの白黒映像をカラー化したもの。
そこになんと、ルノワールやモネの晩年のお姿が!
白黒写真では見たことがあったけれど、
カラー映像となると、存在が実に…生々しい。
歴史上の人物が「そこにいる」。
「へ〜この人、ほんとにいたんだ」と思ってしまう。

色って、こんなにも
生臭く、
下世話で、
強欲で、
表情豊かで、
まぶしいものだったんだ

グランド・ジャット島の日曜日の午後

手の届かなかった高尚なものが、降りてくる感じ。
いや、欲望などの脂ぎったものにまみれて落ちてくる感じ、と言ったらいいだろうか。

「色はこわいもの」だとゲストの人も何度か言っていました。
歴史観を左右する映像のカラー化には、注意も必要だと。

芸術においては白黒(モノクロ)、カラー、それぞれの良さがありますが、
例えば、白黒をかっこよく、おしゃれで、ストイックに感じるのは、
世界が、現実が、色に溢れているからこそ。

精神世界など、現実や肉体との距離感を表現するのに、白黒がふさわしく感じるのもおなじこと。

もう、めまぐるしくいろんなことを考えさせられる番組でした。

2014年10月18日(土)午前0時00分〜(金曜深夜)
また再放送するとのこと。
(今度は録画しないと!)

よろしければ、一度ご覧ください。

「顔のアトリエ」とは?

顔のアトリエとは
絵画教室 顔のアトリエ 会場と日程
初受講(体験)お申し込みフォーム
お問合わせメール

ご案内

新規生徒募集
顔のアトリエ 展示会・イベント等のご案内
個人レッスン
出張教室
遺影画とは

「顔のアトリエ」の特徴

続けやすい理由

顔のアトリエの特徴2

顔のアトリエの特徴1

無料メルマガ【アトリエ通信】登録フォーム

絵画教室 顔のアトリエ 8周年

ホルベイン アーチストナビ

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM